オリジナル紙袋 - 紙袋の作り方|オリジナル専門の尾崎紙工所

PAGE TOP

尾崎紙工所 HOME > 紙袋・手提げ袋 TOP > 紙袋の作り方

紙袋は様々な用途で使われ業種に関係がなく、 定番の手提げ袋です。デザインや印刷にこだわるなら 紙袋がオススメです!

紙袋の作り方のご紹介!
必要なものはトンボ付きの印刷した展開図と定規のみ!

オーダーで袋のサイズを決定する際に、簡易サンプルを作ってお客様に見ていただく場合があります。
必要なものはトンボ付きの印刷した展開図と定規が必要です。 仕上りまでわずかな工程で完成します。
小さなサイズであれば、ご自宅でできるかもしれませんね。興味がある方はお試しください。

1.紙袋の展開図の準備

1.紙袋の展開図の準備

紙袋のトンボ付き展開図(仕上りサイズ)を用意します。あらかじめ折りやすい様にインクの切れたボールペン等で折り目をつけておきます。

2.紙袋の展開図の準備

2.紙袋の展開図の準備

紙袋の展開図の両端を両面テープ等でつなげ、両方のマチ部分を半分に折りたたみます。

3.紙袋の底フラップの準備

3.紙袋の底フラップの準備

紙袋の縦サイズ(※サンプルでは350mm)の下から上の方に、マチの半分の長さ分(※サンプルでは80÷2=40mm)に折り目を入れます。

4.紙袋の底フラップの準備

4.紙袋の底フラップの準備

3の折り目から正面と反対側に底を折り込みます。

5.紙袋の底フラップの完成

5.紙袋の底フラップの完成

底フラップを折りたたみ両面テープ等で接着します。通常底には紙マークがついています。

6.紙袋のサンプルの完成

6.紙袋のサンプルの完成

完成です。(持ち手無し)

オリジナル紙袋のことなら尾崎紙工所までお気軽にお問い合わせください。06-6719-2967 尾崎紙工所のメールアドレス

ネットで簡単のお見積もりフォーム