オーダーメイド講座

オーダーメイド講座
#
2019/02/15 10:19
冬の終わりとともに野外(や、もちろん屋内も)のイベントも企画が進むようで、おかげさまで不織布グラスホルダーの問合わせや見積もり依頼が増えています。お酒のメーカー様やショップの皆様、「こんなものはできないか?」がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。
#
2019/02/07 10:19
和菓子など商品の水平を保つ必要がある場合や、バッグの底に幅や面積が欲しい場合に便利な、マチが少し広いタイプで、紙袋としての条件を十分満たしながらコストを抑えました。また、配色とデザインで上品な仕上がりとなっています。
#
2019/02/01 16:27
1月末日、環境に配慮した資材や機材を使った作業環境の見直し、オートメーション化による低コストの実現など、販促・環境・自動化を軸とした企業が多数出展する「モトヤコラボレーションフェア2019 大阪」に行ってまいりました。今後、新たなお仕事の縁が生まれそうで楽しみです。
#
2019/01/25 9:33
尾崎紙工所は、紙袋や不織布バッグ、ポリ袋などを中心に、お客様のご希望に応じたフルオーダーメイド製品をメインに製造する会社。ですから、ちょっと変わった形や素材の袋を作ることも少なくありません。今回はそんな中から最近の製品を二つほどご紹介します。
#
2019/01/18 9:27
今回紹介の紙袋は、ケーキやパン・お菓子等、横向けにする事が難しい場合や、バッグの底に幅や面積が必要な物の販売用。持ち手と本体の材質は比較的安価な物を使用しますが、配色やロゴデザインで上品な仕上がりになりました。
#
2019/01/11 14:35
年も明け、今宮戎神社で「十日戎(とおかえびす)」が始まり、初日の9日に行って参りました。弊社に『こんな袋を作ってみたい、形にして欲しい』お客様の様々なご要望、是非お手伝いさせてください。
#
2019/01/04 9:19
弊社「fukuroysan.jp」尾崎紙工所では、国内生産と中国などの海外生産品の両方を取り扱っております。ポリ袋や紙袋(特にフレキソ紙袋)は国内生産が、不織布バッグなどの縫製品系は現在中国にある提携工場での生産が主となっています。お客様のご希望に応じて、例えば袋の素材変更をお勧めする等、様々な対応がございますので、どんどんお気軽にご要望をお伝えください。
#
2018/12/28 11:08
今回紹介のポリリボンバッグは、丁度シャンプーとリンスがセットで入るぐらいのサイズで、袋単体でも自立します。バッグが透明なので、商品の陳列・販売等に最適の使い勝手の良さ。コストパフォーマンス的にも優れものです。
#
2018/12/21 9:07
人気のサコッシュバッグは弊社でも取り扱っております。お好みのサイズ・生地で作成してみませんか? なお、弊社「fukuroyasan.jp」尾崎紙工所は12/30〜1/3の期間で冬季休業させて頂きます。期間内のお問合せ、お見積のご依頼は、サイト内各フォームからお願い致します。
#
2018/12/14 9:36
今回は印刷に使う「色」の話。弊社「fukuroyasan.jp」尾崎紙工所でも、よく印刷の指定に「片面一色」と言った表現を使いますが、この「一色」がくせ者で、この指定は一つの色の版だけを使うことを意味します。「こんな色」とご相談いただければ、担当者が候補の番号をいくつか選び、お客様はそれを見てご希望の色を選択いただけます。
#
2018/12/07 12:31
弊社取り扱いのバッグの素材に「ポリエステル420D」というものがあります。人気やコストの面でポリエステル600Dに一歩譲りますが、意外と耐久性・強度・印刷品質・素材の持ち味の独特さでは他の素材に負けない物を持っていますよ。
#
2018/11/30 17:24
11月29日にインテックス大阪にて開催された『中小企業 新ものづくり・新サービス展』。全国の中小企業422社が出展し、食品や福祉、金属加工など色々な分野の最新の製品や技術が紹介・展示されるなか、各種袋を扱った企業様の展示には種々様々な超音波加工の不織布袋が並び、思わず釘付け。
#
2018/11/22 9:19
今回は紙袋への印刷について二、三のTipsをご紹介しようと思います。紙袋と一口に言っても、このような印刷でだけでなく、使う紙の種類や持ち手の違いでも千差万別、様々に装いが変わります。他と違ったあなただけのオリジナル紙袋を作ってみてはいかがでしょうか?
#
2018/11/16 12:27
バッグの素材は、やはり通常の不織布が一番人気。様々なバッグがある中、他とは違う物を作りたい!目立ちたい!というお客様にお勧めするバッグとなりますと・・・。
#
2018/11/09 15:38
ワイングラスホルダーを作成させて頂いた『Jazz & Wine の夕べ』にご招待いただき、11月7日、会場の京都文化博物館に行ってまいりました。今回、販売・使用され、お客様に喜んで頂けている様子を直に拝見もでき、大変嬉しい瞬間でありました。