paperbag_top

紙袋の表面加工

紙袋の質感を演出するPP加工とエンボス。
ロゴやデザインを際立たせる箔押しと型押し。

目的に合わせて表面加工を決めていきます。
テカテカした質感やマット調な質感は、好みに合わせて決めていきます。
ブランドの紙袋には箔押しや型押しで高級感アップ!

グロスPP加工

グロスPP加工

PP加工とは、主にコート紙に印刷した後に透明のフイルムを貼る加工です。インキの色落ちを防ぎ紙袋の強度もアップします。コート紙には紙割れを防ぐ意味で必須となります。

スタッフより一言…グロスPPはテカテカとツヤがあり、高級感がある紙袋に仕上がります。イベントに使う紙袋は強度を上げる意味でグロスPP加工をされるお客様が多いです。

マットPP加工

マットPP加工

マットはツヤのないフィルムを使用します。マットはグロスよりもコストが高くなります。高級感が欲しい紙袋やブランドショップには多い傾向です。

スタッフより一言…マット感があり高級な紙袋に適しています。片ツヤクラフトにもマットPP加工を施すことで、コート紙ベースとは違ったナチュラルな紙袋に仕上がります。

ニス引き

ニス引き

ニス引きは、インクの色移りを最小減に抑える役割があります。ニス引き加工は印刷工程の部類に属します。

スタッフより一言…仕上がりに大きな変化はありませんが、PP加工を施さないクラフト紙へのベタ印刷の場合、必須ともいえます。必ずしも色移りを防げるという事ではありません。マットニスなどもあります。

箔押し

箔おし

金や銀といった箔のついたフィルムを高温であてる事で、その箔の色が紙などに付き、文字や絵を表現できる方法です。金型でプレスするので、箔押し面は凹凸状になります。ブランドショップの紙袋にはおすすめします。

スタッフより一言…ワンポイントのロゴなどを目立たせたり、紙袋に高級感を演出するには効果的です。金・銀・ホログラムなど種類は様々。

型押し

型押し

凹凸のついている文字や模様がつくれます。箔押しと違い、素地に凹凸の直接型をつけます。

スタッフより一言…ワンポイントのロゴなどを目立たせたり、紙袋に高級感を演出するには効果的です。インパクトがありブランドショップの紙袋にもおすすめです。

エンボス

エンボス

紙の全面に凹凸のついている模様を押しつけ素地に直接型をつけます。紙に風合いを出すことが可能。型柄も多数あります。

スタッフより一言…エンボス加工によりゴージャスな紙袋に仕上がります。紙袋に個性が生まれるので、ブランドショップの紙袋におすすめ!

ここまでできる!表面加工いろいろ
紙袋の表面加工01

厚めの晒クラフト紙180gの海外生産の紙袋。全面に布目調のエンボス加工を施し、クラフト紙特有のナチュラル感を活かしながらも高級な質感を演出しています。

紙袋の表面加工02

このショッピングバッグに使われている紙は、黒一色の特殊紙。さらに、細かいストライプ模様のエンボス柄を全面に施した紙袋です。

紙袋の表面加工03

コート紙にキラキラ感のあるホログラム箔と、光沢感のあるグロスPP加工の相乗効果で、よりきらびやかな紙袋を演出しています。海外生産の高級仕様です。

紙袋の表面加工04

エンボス加工を施した黒のボール紙で作った紙袋。ロゴは「箔押し」+「型押し」でブランドポリシーをより明確に強調。海外生産による重厚感のある丈夫な紙袋です。

紙袋の表面加工05

黒のボール紙を素材とした紙袋。内側に「全面エンボス加工」+「マットPP加工」を施し、ナチュラルな表面の質感と差があり目立ちます。

紙袋の表面加工06

印刷のないコート紙にグロスPP加工を施した型押しのみの紙袋。白一色で統一されたナチュラル感、透明感抜群の紙袋です。

まずはお気軽にご相談下さい

お問合せは06-6719-2967まで

ozakico@fukuroyasan.jp

ネットで簡単お見積もりフォーム