「不織布」がどんなものか、ご存知でしょうか?

不織布とは文字通り、「織らずに作った布」のことです。私たちがよく目にする布は糸を織ることで布になっていますが、糸を織ることなく、不織布は細かい繊維を絡めることで布状にしています。

洋服を買った時に、薄く柔らかいシートの袋に包装されたことはありませんか。あのシート状の袋が不織布と呼ばれるものです。

不織布の袋は空気を通しやすいのにホコリからはしっかりと中身を保護してくれるという性質があります。そのため、衣類を汚れから守ったり、バッグが傷つかないように保護する目的で使われることが多いです。

押し入れやクローゼットに服をしまっていたら知らない間にホコリまみれになってしまった…というようなことも、不織布の袋で防ぐことが出来ます。普通の袋のように湿気がこもってしまうようなこともないので、お気に入りのバッグやお洋服を収納する時にも不織布を利用していただくのがオススメです!

以上、不織布の袋とはどんなものか?

でした。


| RSS |